生活の中で起こる水道や排水管の水漏れと修理

生活の中で起こる水道や排水管の水漏れと修理 生活の中で水を使わない日はありません。水道から流れる水だけではなく、生活用水も出ます。この排水を住宅の外に排出するためには、排水管が必要です。水道とともに必要な設備ですが、つまるとそのまま逆流して住宅環境へ影響を及ぼします。水漏れも問題ですが、速やかな対処をしなければいけません。
トラブルが起きたときには、どんな方法を取らなければいけないのか、普段の生活の中から考えておく必要があります。
排水管の水漏れは、湿度を上昇させます。室内に漏れてくれば、水は自然と蒸発して湿度に変わるからです。湿気が増えれば、生活環境として悪化しはじめます。衣類や布団といったものにまで、湿気が含まれと、カビの発生まで冗長してしまうでしょう。

■つまったことでも発生する排水管からの水漏れ

排水管の水漏れが起きている状況は、生活空間の衛生環境に大きな問題を抱えます。建物の建材にも影響を及ぼし、住宅全体にダメージを与えて劣化を早めることが問題です。修理や交換といったことでは済まない状況になる場合もあり、取り返しがつかない事態も考えられます。
湿度が上がり室内にカビが生えれば、害虫の発生も出てきます。ダニをはじめとした外注もありますが、建材に致命的なダメージを与えるシロアリの発生も湿度の上昇と関係があることです。排水管の水漏れによる湿気は、住宅に対して大きなリスクを抱えます。湿気を取り除くためには、エアコンなどを使う方法もありますが、水漏れを修理しなければ根本的な解決になりません。
また、水漏れと同時に注意が必要なのは、排水管のつまりです。排水管のつまりは、見た目だけでは判断がつきません。これが水漏れとの大きな違いですが、結果的につまりを悪化させてしまいます。排水とともに流れるはずだったものが残るため、悪臭も室内に漂うことになり、水漏れとはまた異なる大きな被害を発生させるでしょう。
詰まったことで、逆流して水漏れすることも出てきます。配管を劣化させる原因となるため、早急に取り除かなければいけません。

■外的要因でも破損する
排水管から水漏れする原因は、いくつか考えられます。水道でも同じことがいえますが、劣化や破損は大きな原因です。日常的に使用していることで、水道管なら圧力などの負担がかかります。排水管は圧力がかからない代わりに、排水が流れるため、管に侵食して劣化が進むのは避けることができません。いずれは管が破損することにも繋がります。
どちらも外的要因によって破損する可能性も考えなければいけません。地震が発生した場合などは、強い力がかかります。これで、配管が破損することも出てくるからです。
早期に水道 修理しなければいけない状況ですが、仮に揺れが小さかったとしても、劣化が進んでいれば、そのまま破損することも考えられます。
水道管の水漏れは、水が流れ出るために早期に発見できるところが特徴です。その分だけ、大量の水が外部に流れているということです。メーターを見るだけでも、異常な速度で動いているため判別もつきます。マンションなどの集合住宅では、下の階に流れ落ちていくことも考えられます。大きな損害が発生するため、できるだけ早い修理が必要です。

■凍結から破損する

冬季には、凍結することも考えなければいけません。水は凍ることで体積が増えます。液体の状態では問題がなくても、凍って体積が増えれば、配管に内部から強い力がかかります。この時に、水道管が凍結して破損することもよく起きる原因のひとつです。
特に寒冷地では、破損の危険性が高まります。凍結しやすい温度は、外気温がマイナス4度以下だからです。この気温になると、リスクは急激に増大します。寒冷地でそこまで珍しい気温ではありませんが、都市部でも起きる可能性がある気温であることを忘れてはいけません。
対策としては、凍らないように水道管の養生が必要です。配管の養生となると、どこでも対策ができるわけではありません。そこで、水を動かすことが重要な対策です。水は止まっていると、凍結しやすくなります。ほんのわずかでも水が流れていれば、凍りにくくなるため、わずかでも流しておけば凍結による破損のリスクが下がります。使っていない場合には、完全に水を抜いてしまう方が良いでしょう。
凍結した場合には、溶けるのを待たなければいけません。直接熱湯をかけたりすれば、冷えて収縮している状況に、熱で膨張させます。配管に大きな負担を掛けることが、破損を誘発することもあるため、修理が必要になることも出てきます。

■まとめ
破損すれば修理が必要になるのは、水道も排水管も同じです。どちらも毎日の生活の中で使っている設備のため、水漏れを起こすだけで大きな問題を引き起こします。原因として何があるのかを知れば、先に対策をすることもできますし、早期に点検することも可能です。
劣化が進むような環境では、待っていても解決するようなことはありません。水漏れしたことがおこす二次的な被害の大きさを考えても、早めの修理を考えていくべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース